日本画で見る 福知山十景

玄武岩公園(夜久野町小倉)

「冬韻」 作/林 和緒

佐藤太清先生の美術館のある福知山の駅、迎えに来て頂いた車で目的地の夜久野町玄武岩公園に着いた。そこには目をみはる様な光景、京都府中唯一の火山 田倉山 で30数億年前に噴火したとの事で予想もつかない迫力、するどい岩肌と帯状に天高く伸びる角柱の数々が形よく並び、自然の創り出した造形美に心を打たれた。

どの角度が一番美しいかと眺めながら歩いているうちに小雨になり 傘をさしていただいてのスケッチとなった。色をつけたスケッチブックに雨が当たり、色がにじんで苦労した。制作は縦構図か、横構図か、その場でスケッチブックに構想をまとめ、縦構図として制作した。

帰る時 公園横の道路下にも、亀の背をみるように形よく並んで今に残る様は、当時の噴火の大きさを感じ、美しい自然をいつまでも大切にと、印象に残った取材地であった

閉じる